子供の虫歯治療にオススメ歯磨き粉ランキング

長男が1歳時検診の際に歯科衛生士さんに歯磨き粉を使うべきか聞いたところ、「子どもには歯磨き粉は必要ないですよ」と言われて以来、3歳時検診までは歯磨き粉を使ったことがありませんでした。しかし、さすがに歯の表面が黄色っぽくなってきたこともあり相談したところ、「虫歯ではないし少し黄ばんているだけだから歯磨き粉を使う必要はないけれど、気になるなら使ってみたらいかがですか」とのことでした。私自身は子どもの頃、大人用の歯磨き粉を当たり前のように使っていたため、歯磨き粉は大人用でも子ども用でもさほど違いはないだろうと思っていました。だから、その日の夜、大人用の歯磨き粉を付けて長男に磨かせたら、「からーい」と言って、仕上げ磨きをほとんどさせてくれなくなりました。そこで、子ども用の歯磨き粉を買ってみました。買ったのは長男が好きなミッキーマウスのキャラクターがデザインされた「クリニカキッズ」のグレープ味でした。長男は自分で磨いた後、仕上げ磨きの際にグレープ味の歯磨き粉を付けると喜んで磨かせてくれました。そんな息子も小学校に入学する頃には大人用の歯磨き粉を使うようになり、子ども用の歯磨き粉を買うこともなくなりました。
 我が家には長男とは5歳半離れた長女もいるのですが、刺激のあるものが大のお気に入りで1歳頃のときに歯磨き粉をチューチュー吸っていることもあったくらいでした。そんなこともあり、歯磨きを始めた頃から大人用の歯磨き粉で仕上げ磨きをしていました。そんな娘が4歳の頃、前歯を折ってしまい、初めて歯科に通うことになりました。折ってしまった歯は牛乳に浸して急いで持っていったので辛うじて付けることができました。けれども、折れた歯以上に手を焼いたのが、歯石でした。「仕上げ磨きをしていますか?」と言われ、「している」と答えたら、「もしかして歯磨き粉、大人用を使っていませんか?」と鋭く指摘されました。「その通りです」と答えたら、大人用の歯磨き粉は子どもには刺激が強すぎること、また泡立ちが強いので磨いたつもりになっているだけだと言われました。たしかに長男の仕上げ磨きをしていたときよりも歯磨き粉がすぐに泡立ってくることもあり、雑だったと反省しました。そこで、歯科の帰りに早速、歯医者さんが推めてくれたフッソ入りの子供用歯磨き粉を買いに行きました。長女は当時、アンパンマンが好きだったので、「ライオンこどもハミガキいちご」を購入しました。改めて子ども用歯磨き粉を使ってみて気づいたのですが、大人用にあるような泡立ちは抑えられ、刺激もないので子どもにはよいと思いました。フッ素も入っているので虫歯予防になる点もよいと思いました。クリニカキッズやクリアクリーンキッズも使ってみましたが、ライオンこどもハミガキが泡立ちが控えめで、滑らかさもあり、子どもには合っているように思いました。ちなみに長女はメロン味はどうにも好きになれず、いちごがお気に入りでした。
 子どもの虫歯対策には大人用歯磨き粉ではなく、ぜひ子ども用を選んでください。子どもの味の好みにもよりますが、「ライオンこどもハミガキいちご」はおすすめです。